Bianchi Pista Drop Bar購入

新しい自転車を買ってしまいました!いまさらって感じでフィックスドギアバイク、いわゆるピストですが。
bianchi_pista_db_1.jpg
BianchiPista Drop Bar 2009年モデルです。ハンドルとサドルがあり得ない配色ですが、彼らがフレームと一緒にいられるのも時間の問題でしょう。交換予定です。このドロップハンドル以外にもフラットバータイプもあったのですが、そっちはこのカラーがラインアップされてないのです。
bianchi_pista_db_2.jpg
カラーはチェレステというイタリアの空の色。らしいです。以前イタリアに行ったときは曇り空だったので、こんなステキな色は見ませんでしたが。
bianchi_pista_db_3.jpg
というわけでイタリアのブランドです。原産地はおそらく違います。まだ表示を見つけてないですが、TOKYOBIKEだって台湾製なので、驚くことはないかもしれません。
bianchi_pista_db_4.jpg
いまのマンションに引っ越して速攻サドルを盗まれたので、とりあえずワイアー掛けときました。盗らないでくださいね。
もともとフィックスドギアはトラックバイク、つまり競輪用の自転車なので、ブレーキは必要ありません。いつかの記事に書きましたが、道交法上制動措置が必要なので、申し訳程度でもつけないと販売できないのでしょうね。ブレーキのブレーキのワイアーは簡単に留められています。ブレーキが超チープなママチャリレベルのヤツがついていて、センター合わせも出来ません。
bianchi_pista_db_5.jpg
さて、この写真はなんだか変ですね。奥の方にチェーンがかかっているのに、手前側にもギアが見えますね。
実はチェーンがかかっている方のギアはフリーで、手前側のギアは固定です。フリーの場合は、普通の自転車と同じようにペダルを後ろに回すと空回りしますが、固定にすると後ろにペダルを回すと、後ろに進むか、前進中の場合は投げ出されそうになります。
早速固定のほうにしてみました。確かにフリーのギアと違って乗り味、いや漕ぎ味がダイレクトな感じがします。ペダルの回転を止めれば自転車も止まるのですが、これで急に止まるのはちょっと無理です。無事を祈って突っ込むか、ブレーキのお世話になるしかありません。ペダルの回転に否が応でも足を合わせないとならないので、ときどき転びそうになりますが、慣れれば問題ないです。
これで今年は大きい買い物はなしです。あとは忘年会の飲み代にとっておかなければ。

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おお,ビアンキらしい色じゃの.学生の頃ビアンキに憧れたけど,とても手が出んかったわ.
    しかし,フィックスドギアはギア比が重いじゃろ.太ももが女性モデルの腰周りくらいになるかも?
    後ろギア固定は,制動は別として,回転しながら減速する様に憧れるわ.
    車体が軽いじゃろうけえ,濡れた路面で転んで腿の付け根を骨折せんようにの(大学時代に経験).

  2. jk より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ↑コメント

  3. osamuito より:

    SECRET: 0
    PASS: 1fa36a2413408fb63eb5da4810f4f5d0
    おっ、ビアンキに憧れた男子からコメントが!
    ギアの軽い方はほとんど使わないし、変速ギアなんてなくてもいいと思っていたくらいなので、大丈夫じゃ。
    寒いし、歳だし、骨折には気をつけんとねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。