Sugino RD2 Messenger クランク交換 その1

Sugino RD2 Messenger Crank
ANAカードのマイル有効期限が近づくと、楽天ポイントに変換しています。で、その楽天ポイントでクランクセットを購入しました。スギノのRD2です。
Sugino RD2 Messenger Crank
フタをあけるとこんな感じ。Apple製品とまではいきませんが、自転車部品のパッケージとしては結構きちんとしている方ではないでしょうか。
Sugino Bottom Bracket Cbb-103
ついでにこれも。
Sugino Bottom Bracket Cbb-103
通称BB。ボトムブラケットです。Bianchi Pistaには113mmのBBがついているのですが、スギノのRD2用の103mmのBBに交換しないといけないと聞いたのでついでに買いました。
Sugino RD2 Messenger Crank with bottom bracket
全部出してみたところ。クランクにはチェーンリングを固定するボルトが付属しています。
Bianchi Pista Original Crank
現在のBianchi Pista。TruvativのTouroというクランクがついています。クランク長は170mmです。トゥークリップを装着したときに、地面にトゥークリップを擦る場合があるので、今回はスギノの165mmに交換するわけです。ちなみに輪行後なのでペダルがついてませんが、新しいクランクに付け替えるので外しておいた方がよいでしょう。
Loosen original crank
元々ついていたクランクを外します。8mmの六角レンチ(正しくは六角棒スパナ by JISです)を使います。写真のレンチはおそらく自分で組み立てる家具についてきたであろうレンチですが、結構しっかり締め込んであるので、もうちょっと長い方が楽に作業できるかもしれません。
Removed fixing bolts
外れました。
SHIMANO Cotterless Crank Extractor
これからの作業はコッタレスクランク抜きという耳慣れない工具を使います。この写真で下の方のネジが切ってある部分をクランクに固定し、上の部分を回転させると、一番下の細い部分が押し出されてきて、先ほどのネジ部分と連動してクランクが手前に外れるという仕組みです。
Attach Cotterless Crank Extractor
細い部分を一度手前に引っ込めて、ネジが切ってある部分を目一杯クランクに入れます。この写真だとネジ部分がほとんど見えないくらいに入っています。ちなみにこれからのこういう作業は最初は手で回していった方が確実です。
Rotate Cotterless Crank Extractor
手前の部分をペダルレンチで回します。締めると緩むのでわかりにくいですが、時計回りです。
Crank with Cotterless Crank Extractor
外側のネジ部分とクランクが固定されているので、外れるとこうなります。
Bottom Bracket
外れました。逆側も同様に外します。BBが見えました。内側に歯が付いています。
SHIMANO Bottom Bracket Installation Tool
今度はボトムブラケット交換工具なる専用工具を使います。
Attach bottom bracket installation tool
工具というか内側のギザギザを回すためのアダプターのようなものだと思った方がよいかもしれません。押し当てて回すだけなので、手で持っていないとすぐ落ちるくらいの嵌合です。
Loosen bottom bracket (left side)
それをモンキーレンチで回します。左側(チェーンリングがついていない方)から外します。反時計回りです。このボトムブラケット交換工具なるものが結構大きくて、六角形の対辺が約32mmあります。普通のモンキーレンチでは到底挟めないので、新しくホームセンターで安いのを買いました。おそらく設計上は30mmまで対応のモンキーレンチだったのでしょうが、ぎりぎり32mmまで挟めました。ラッキー。ちなみに498円でした。
Removed bottom bracket adapter
外れました。
Loosen bottom bracket (right side)
右側も同様に外します。今度は時計回りです。逆ネジです。普段ペダルの付け外しを頻繁にやっていると踏み込む方にネジが締まるのに慣れているのでちょっと違和感があります。
Original Bottom Bracket
外れました。どこのBBだかわかりません。
Frame without bottom bracket
中は結構ゴミやら汚れやらがありますね。
Wako's Super Jumbo Part Cleaner
パーツクリーナーで洗浄します。かなりでかいスプレー缶です。パーツクリーナーって使う前までなんだか良くわからない代物だったけど、使ってみるともの凄い効果が実感できます。定価1575円ですが、通販で買うと半額くらい。
長くなったので続きは次回。
追記:Sugino RD2 Messenger クランク交換 その2

↑ここが安い。クランクは長さも選べます。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2013年11月23日

    […] クランク交換の続きです。前回はクランクとボトムブラケットを外しました。 新しいBBを準備します。スギノのCBB-103です。 グリスを少し付けます。 フレームに取り付けます。今度は右側から。斜めに入らないように最初は手で感触を確認しながら回していきます。逆ネジなので反時計回りに回します。 モンキーレンチで締めます。フレームを傷つけないように注意です。 反対側も取り付けます。今度は時計回りです。こちらはパーツの外側が全てネジになっているので、BB交換工具を使って入れています。 同様に締めます。この段階になって思ったのですが、右側は仮止めくらいにしておいて、左側を付けてから、両方少しずつ締めていけばよいのかもしれません。今回初めてなもので、詳しい方教えてください。 新しいクランクにチェーンリングを取り付けます。 レンチで締めていきます。トルクレンチがなかったので目一杯締めておきました。トルクレンチあったほうがいいかもしれません。 チェーンとペダルを付けて完成です。 全体的に白いパーツが増えてきました。オレンジ劣勢だなぁ。 関連リンク:Sugino RD2 Messenger クランク交換 その1 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。