事故りました(2日目・入院)

事故後の経過です。休日ということもあり緊急搬送された病院では細かい検査が出来なかったので翌日再び最寄りの病院へ。

D0000001
自転車に乗る方も自動車を利用される方にも事故の教訓を伝えたく少々刺激の強い画像を上げてます。ご了承ください。

診断結果は変わりませんでしたが、レントゲンでみると骨が上下に裂けて結構広がっているのが、CT検査ではそれほど広がっていなかったことがわかった。レントゲンでは立って撮影したのに対し、CT検査は寝ていたので差が出たのであろうということ。

選択肢はそのまま放置(バンド固定)して治すか、手術するかの2択となるようだった。放置の場合はバンドが外れるのに1ヶ月半くらい時間がかかり元の状態に戻るのは厳しい。手術の場合はプレートとボルトで骨を引っ張り寄せてくっつけるようだった。体内に金属を入れるのに抵抗があったが、半年から1年後に手術で金属を取り出すことも可能で、こちらの場合は翌週には通常の生活に戻れるとのことだった。

手術を避ける人もかなり多いようだったが、放置して治すのは時間が掛かるうえに元の状態に戻らないということで全くメリットがないように感じられた。治療費は保険でカバーされるし、迷うことなく手術を選択した。

手術する意志を伝えると即日入院となり翌日手術することがきまった。

入院も手術も初めてだったので驚いたが、かなり沢山の書類にサインをさせられた。手術するといっても100%成功する訳ではないので了承してねとか、輸血することになったら色々リスクあるけどゴメンね的な。病院も大変なのねと思った。

相手方が加入していた保険会社からも連絡があり、治療費だけでなく事故当日の迎えや治療のための交通費、不就業による休業補償、慰謝料、物損(バイク、ウエアなど)の賠償もされるようです。物損については保険会社が減価償却を理由に出費を抑えようとするらしいので下手すると何十万もするバイクが二束三文にしかならない可能性もあるそうです。

まだ片手でしかタイピングできないのでこの辺りで。

関連日記:
事故りました(当日)
事故りました(3日目・手術)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。