Skid


正月休みヒマだったので、大人げもなくスキッドの練習をしてしまいました。
そもそも昔からメッセンジャーバッグが好きで、そのうちメッセンジャーに興味が出て自転車買ったようなカタチから入ったオトコなので、ピストバイクを買ってもトリックとかやるつもりはなかったのですが、スキッドだけは不思議でちょっと練習してみました。動画がないのであれですが、コツが要りますね。単純にペダルを止めても出来ない、っつうかペダルが止まらず脚力が負けると思います。
普通にアスファルトでやろうとしてもなかなか出来ないので、滑りやすいところのほうがよさそうです。ウチはマンションの2階部分に住居がなく完全に駐車場で、そこは床がつるつるのコンクリートなのでそこでやりました。
よくハンドル部分に足の付け根をあてて、ペダルを水平にして、ホイールをロックさせるとか書いてあるのですが、最初は怖いので、うまくできません。で、わかったのが、やっぱり腰が引けてると出来ないんです。腰が引けてると体重が後輪の方に乗っかってるので、後輪にグリップ力が発生してしまい、結局ペダルが回転して、うまく出来ません。
ハンドルに体乗せるくらいの勢いで、できるだけ後輪に体重が掛からないようにして、どちらか脚力の強い方の足で、ペダルが水平というよりは、4時半というか7時半くらいを回ったあたりで踏ん張ると、うまくいきました。最初は後輪がロックされているかどうかもわからないような感じで自転車が停まると思いますが、だんだんコツがつかめてくると人間思い切りがよくなるので、少しずつ距離が伸びてくると思います。15分くらいでマンションの駐車場では狭くなったので、別の場所に移動しましたが、移動しながらも時々スキッドということも出来るようになりました。

しかしなんでこんなに長い距離滑れるのか、いまだに不思議です。

ついでに。最初は両手放し運転ですが、5秒くらいのところで、この男とんでもない行動にでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。