四者そろい踏み

4_kirin_lagers1.jpg
誕生から120年を記念して、明治と大正のキリンラガーが限定復刻。昭和のというべきクラシックラガーと現行品のラガービールを並べてみました。
4_kirin_lagers2.jpg
並べるだけじゃつまらんので、飲み比べ。明治のラガーは麦芽とホップだけの、やや苦みが利いた感じ。昔のビールってこうだったのかと思わせるようなシンプルな味わい。大正のラガーになると、米が加わります。苦くてコクがあり、意外とこれが一番好きかも。クラシックラガーはアルコール度数少なめで、コーンスターチが入ります。よく飲んだビールの味ですが、なんだか味が複雑になりました。笑)最後に現在売られているラガービール。これだけが非加熱処理の生ビールです。クラシックラガーよりわずかにスッキリ。
あー、酔っぱらった。

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください