NITTO B201AA

b201aa_1.jpg
Tokyobikeをシングル化して以来、ブルホーンハンドルを付けていたのですがブル(牡牛)のホーン(角)というだけあって、その特有のオラオラっていう感じに若干疲れたので、普通のライザーバーハンドルを買ってみました。
b201aa_2.jpg
NITTOの定番B201AAです。
b201aa_3.jpg
これがそのままでは幅が500mmもあって少々扱いづらいのでカットします。まず定規とペンを用意します。左右の端から同じ長さのところに印がつけられれば、別に定規じゃなくてもフリスクのケースでも、顔も思い出せない誰かの名刺でも、なんでもよいです。
b201aa_4.jpg
今回は左右45mmカットすることにしました。(全幅で90mm短くする)
b201aa_5.jpg
ここからパイプカッターが必要になります。まともなパイプカッターはそれなりのお値段しちゃいますが、そう何回も切るわけでもないし、B201AAはアルミで出来ていて比較的柔らかいので、ダイソーで売っているパイプカッターで十分です。ただし105円ではなく、420円もします。100円ショップにあまり縁がなかったので、このパイプカッターを買うまで105円のものしか売ってないのかと思ってました。
b201aa_6.jpg
ハンドルを挟んでパイプカッターを回していきます。1、2回、回したらパイプカッターを締めていき徐々に切っていきます。
b201aa_7.jpg
切れました。断面はこれから嵌めるグリップに傷がつかないようにヤスリがけして、バリを取っておきましょう。
b201aa_8.jpg
だいたい左右同じくらいカットできました。
b201aa_9.jpg
自転車に取り付けて完成です。またしてもOURYのグリップをつけてみました。

3 のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >さるばすさん
    新しいトーキョーバイクとは、↑のこと?やっぱりブルホーンの方がよかったかな?
    それとも、あの26インチのママチャリホイールを履いたTokyobike 26のことでしょうか?26にするくらいなら700Cにして欲しかったですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。