Knogライトの盗難対策

Cable Ties
百均などでも買える結束バンド。ケーブルタイ、タイラップ、インシュロックタイとかいろいろ言い方があるみたいですが、これを自転車ライトの盗難対策に使います。
Cable tie into Knog Light's band
ついているのはknogの1LEDライト。簡単に取り付けが出来る反面。簡単に盗られます。これに結束バンドを通します。ライトは付けたままでよいです。むしろ付けずにやる方が難しいと思います。
Tied cable tie
適当に1周させて固定します。このとき結束バンドがライトのどこかを貫通していることを確認して下さい。
Cut excess cable tie
余った部分をカットして、これで終わりです。
結束バンドはいろいろな長さのものがありますが、15cmのものがちょうどよいと思います。10cmだとちょっとギリギリかも。色もいろいろありますが、ライトの色に合わせるもよし、刺し色的に使うもよしです。普通のクロームのシートポストなら半透明の白いので、遠目に見るとほとんど目立たないのもよい。結束バンド自体は大した金額ではないですが、沢山入っているので、仲間とシェアすれば、コストも激安。自転車店で配ってくれてもよいのに。
Loosen Knog Light's band
ライトを外そうとしたところ。電池交換も出来ますね。
これくらいの防犯対策をしても、カッターがあれば結束バンドも意味がないですが、ひと手間化かかる=犯行時間が長くなる=バレやすいので、面倒くさいと思わせるのが効果があるとか。とりあえずの抑止力にはなるかも。
関連日記:盗られた

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください