自転車を鈴鹿仕様に

またしばらく更新怠ってしまいました。
ここのところ鈴鹿8時間エンデューロの準備をずっとやっています。出るためには顎足枕と出走するための自転車をなんとかしなければなりません。
Paul Component Love Lever Compact Package
まずはブレーキレバー購入。PAUL COMPONENTのLOVE LEVER COMPACT。
Paul Component Love Lever Compact Pair
アルミの削り出しで美しすぎます。ちょっと高かったけど、中途半端なモノで、そのうち使わなくなるよりはと思って、購入。
Dia-Compe Brake BRS-101
あとブレーキアーチ。DIA-COMPEのBRS-101。
Dia-Compe Brake BRS-101
こちらも調子にのってホワイトにしました。
Shimano Freewheel Gear
あとフリーギア。チェーンリングに合わせた厚歯用のがなかなかなくて苦労しました。
Shimano Freewheel Gear
SHIMANOのSF-1200。16Tです。なんでかわからないけどこのパーツ、とっても茶色い。
Charge Bikes' Wheel
あと今のホイールが両方とも固定用だったので、片側フリー用のホイールをゲットしました。これはCharge Bikesについていたホイールを譲ってもらいました。ラッキー☆
Hub
ギアが固着しないようにグリスを塗って、
Shimano Grease
使ったのはいつものシマノのグリス。
Install Freewheel Gear
フリーギアを装着します。ハブよりかなり飛び出してますがこれでよかったのでしょうか。
Tighten Rear Cog
ホイールをひっくり返せば固定でも使えるように、同じ歯数のコグをつけておきました。
Dura Ace Track Cog
ロックリングも付けて取り付け完。
Shimano Rim Tape
ついでに新しいリムテープに変えました。下のオレンジのが古いの。
Upside down
作業中。自転車こんな感じ。
Dirty Fork Bottom
凄く汚れていたので、
Cleaned Fork Bottom
綺麗にしたり。
Loosen Handle Bar
こんどはハンドルを外します。
Part Cleaner into a grip
パーツクリーナー入れてグリップを外します。
Nitto Handle Bar
外したところ。
Install Paul Component Love Lever
ブレーキレバーを付けてハンドルを本体に戻しました。
Install Dia-Compe Brake BRS-101
ブレーキアーチも付けます。前後とも。
Install Paul Component Love Lever
で、仮でケーブル通してみたのですが、ブレーキレバーが近すぎて干渉する。
Install Paul Component Love Lever
どっかのブログだか雑誌だかで見た応急処置。Vブレーキバナナを買ってきて片方を逃がしました。
Dia-Compe Brake BRS-101
ケーブルの長さ調整をしてタイラップで固定。
Dia-Compe Brake BRS-101
前のブレーキも付きました。
Install Paul Component Love Lever
グリップ付けて完成。右下に写っているのはMagisのLow Air-tableなのですが、家具に興味が無い人には、キャスター部分がドラゴンボールにしか見えないそうです。
BIanchi Pista 09 Model
ちょっとケーブルの取り回しで苦労しましたが、なんとか出走できるようになりました!
Paul Component Love Lever
綺麗だ。
Paul Component Love Lever
苦労したところ。
BIanchi Pista 09
タイラップもケーブルも下を通せば意外と目立たなくできました。

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください