太田朝子

新宿MARZ太田朝子のライヴ。
他に、須永トミエ/田野崎文/松崎ナオが出演。なぜか前半3人弾き語りしかも、アコギ(須永)、エレキ(太田)、デジピ(田野崎)という。特に朝子さん。エレキで一人って、あんたやるねぇ。
ちょっとお客さんが少なかったし、4組ともノリのよい曲が中心のセットではなかったので、正直お腹いっぱいにはならず。

朝子さん、バンドが解散してからずっと違う方向の作品になっているけど、やっぱりDOG HAIR DRESSERS復活してほしいわ。アーティストがやりたいことも支持したいからソロも平行してやってもらって、同時にバンドも是非お願いしたいっス。DHDは解散してちょうど4年ですが、今でも聴いてます。iTunesにも全部入ってるし、お気に入りマークもついてる。あんなバンドなかったし、もう出てこないだろう。大阪の路上ライブまで観に行ったなぁ。

『ボタン』
静かに息ひそめたんだろう
キレイな色並べたんだろう
そういう顔でいるからだ
少しあきるくらいは愛しいけどね
密かにいい気分なんだろう
大きな水たまりなんだろう
そういう僕はバラバラだ
少し流すくらいは答えるけどね
君はボタンをわざと掛け違えた
君の全てを僕に言いきかせた
そういう僕はバラバラだ
正しいことばかりも幼いけどね
君はボタンをわざと掛け違えた
君の全てを僕に言いきかせた
from DOG HAIR DRESSERS’ Album “LOW-NIN”
Words & Music by 太田朝子

Related posts

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください