今年もあっという間に2月になってしまいました。毎月、毎週、毎日。いままでの『それ』とは違う月と日がやってくるはずなのに、あっという間に過ぎていって、過ぎてしまうとなにがあったのかさえ、まともに思い出せない。例えば、いまからちょうど6年前のこれくらいの時期、あなたはなにをしてましたか?
21世紀が始まったばかりのこの頃は、まだニューヨークの世界貿易センターは健在で、宇宙の旅は遠い夢物語のまま実現しておらず、宇宙旅行に連れて行ってくれるはずのパンアメリカン航空はその10年前になくなってしまい、その後大暴れする小泉純一郎が自民党総裁になる寸前で、先日名前が副都心線に決まった地下鉄13号線は、渋谷-池袋間の都市計画すら決まっていませんでした。
そのころのぼくは、前年の11月に突然アメリカにしばらく行って来いと言われるがまま、カリフォルニア州はノースハリウッド市で、ほとんど日本語を話さない生活を、ひとりぶらぶらとしていたのでした。
その時に近況を知らせるつもりで書いていた日記は、パソコンを何台か買い替えたあとでも、データを大切に保管してありました。いくつかは名前を伏せたり、スペルミスの修正など多少の校正はするつもりですが、これから何日かにわたって再度公開してみようかと思います。
おたのしみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.