出たぁ~MacBook Air 実況中継(?)付き

Macworld 2008がやってきた。
日本時間で16日午前2時を回ったあたり、正確には現地時間で15日午前9時15分くらいからSteve Jobsの基調講演が始まった。これに備えたというよりは、今日は会社の鍵を閉めて帰ったくらい帰宅が遅かったので、普通にネットしてたら始まった。
apple_011508.jpg
Appleのサイトでは、昼間っからずーっと、”There’s something in the air”のコピーが貼ってあって、これは出るか出るかと噂になっていたMacBook Airgが登場するのではないかと気になってました。
で、最初に去年だしたLeopardの話をして、MicrosoftがOffice Mac 2008を出荷したこと、そしてTime Capsule。これはLeopardのTime Machine機能用のHDDかな?ちょっとテキスト情報しかないので詳しくはわからない。Airport Extreme+HDDのようなモノ?後ほど判明するだろう。
それからiPhoneの話。これはiPhone用のSDK(Software Development Kit)が2月頃手に入るらしい。iPhoneでのデモをいろいろとやったが、これはiPod touchでも同じことになるようだ。
そしてどこから数えるのか分からないが、おそらくTime Capsuleは最初のLeopardの一つの小さなトピックだとすると、Jobsが3つ目と言って紹介したのはiTunes。これはiTunes Movie Rentalsについてであった。
そしてそんなビデオをフラットなTVスクリーンで見たいとは思わないかとJobs。ここで出たのが新しいApple TV Take 2(名前の付け方が上手い)。もうMacがなくても単体で動作するらしい。これがAirなのか?(Airには空気中を飛んでいることから「電波」→「放送」の意味もある)果たしてパソコンは出るのか。気になる。気になる。ちょっとマドロッコしいデモが続いて、出たMacBook Air。
macbook_air.jpg
薄いノートブック型で、ソニーのTZのようだけど、たしかにあれは薄い。しかし我々は最前の組み合わせを引き出すことができた。重さはたったの3ポンド(1.5kg弱)で、厚さは0.8から1.2インチ(20から30mmくらい)だ。ほとんどディスプレイのようだ。なんて言っている。MacBookが1.08インチだからそんなに薄くはないかな。(これはあとでサイトで確認したところ0.4~1.94cmとなっていた。これなら薄い)
80GBのHDD版と64GBのSSD(フラッシュメモリ)版があるのだそう。ディスプレイはMacBookと同じ大きさの13.3インチ。CPUはインテルのCore 2 Duoでクロック周波数は1.6GHzが標準。1.8GHzもオプションで選択できる。RAMは2GB。USB2.0とMicro-DVI、Headphone端子が一つずつ。WiFiは802.11n準拠で、他にもBluetooth2.1+EDR(Enhanced Data Rate)。光学式ドライブは$99で外付けになるのだそう。気になるお値段は$1,799。バッテリの駆動は5時間のようだ。
Randy Newmanが出てきて歌う。もう眠いな。
同時に世界中のWebに新製品がアップされている素晴らしい。
関連リンク:Apple MacBook Air

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください