Tacx Brakeshoe Tuner


リアホイールのクイックがゆるゆるでヒヤッとしたのでTacxのBrakeshoe Tunerを使って調整。

いままでは自己流だったけど、これを買ってからは毎回同じ設定で調整ができる。きちんとトーインになるのはもちろんのこと、毎回同じ設定ということは常にブレーキの引き具合が変わらないということでストレスが減った。

このBrakeshoe Tunerを使って調整すると、ブレーキシューとリムの隙間が2mmくらい開く。以前はあまりに隙間がなさすぎたせいか、下りのカーブを高速で曲がっていると、フォークの僅かなたわみによって、ブレーキシューがリムに接触してしまう場合があった。その当時はA-Classのホイールだったせいもあるかもしれないが、いまでは自己流メンテナンスによる弊害だったのだろうと思う。

評判は素晴らしいという意見と使えないという意見に別れているようだ。特に使えないと言っている人は、前述の隙間の大きさにこれではブレーキが利かないと思っているようだ。真実はどっちだ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。