1/6500330259のアナタへ

社会問題が続きますが、先週末にとうとう世界の人口は65億人を超えたようです。
米国勢調査局の世界人口時計によると、この文章を書いている時点での世界人口は、
6,500,325,303人
である。いつのまにかこんなに人が増えてしまったのだろうか?昔は50億人ちょっとだとか言ってなかったっけ?それがいまや65億人だよ。65億人が同時に呼吸しているなんて信じられないね。まぁ、お金持ちは少ないにしても、なんと、そのうち半分の人が、
平均的な豊かな生活
をしているというのだから、みなさん意外と堅実な生活なのですね。貧困層は1/3から1/4。つまり20億人ちかくの人たちが日々苦しい生活にあえいでいるということになるので、これもまた異常な数字だ。もちろん数が少なければ、放っておいてもよいという問題でもないのだけど。
ここで素朴な疑問が思い浮かばないだろうか。世界はどれくらいの人たちの空腹を満たすことができるのかということだ。(いろいろな計算の仕方があるが、一番まとまっているものの)正解は、
約50億人
だそうだ。…オレたちは少々行き過ぎたようだ。
ちなみにこれを書き終えた現在の人口は、
6,500,330,259人
である。

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください