UNBALANCE/BALANCE ~TAKEO PAPER SHOW 2006~

表参道Spiralで今日から開催の株式会社竹尾のイベントTAKEO PAPER SHOW 2006 ~UNBALANCE/BALANCE~に行ってきた。
紙の特徴を「パリパリ」「ふんわり」「スケスケ」「ツルツル」「ザラザラ」に分類し、1F会場では様々な紙製品を紹介する展示。おなじみのモノから目新しいものまであるが、それらの全てが用途・目的に応じて紙の種類、質感、コストが最適化された成功例。つまり紙製品というプロダクトを通じてなされる行為と結果のバランスがとれたものばかり。改めて見ると結構新鮮。
もちろん何事にもバランス感覚は大切だ。バランスの取れていない酷いモノもまだまだ多いのだが、これだけのモノが氾濫している中でバランスの取れすぎたモノもある意味フツー。しかしちょっとだけそのバランスをずらして、モノに新鮮さを与えることの出来る人たちがいる。様々な分野で活躍しているクリエイター達がそれにあたる。
3Fの会場ではそんなクリエイター達による仮想のプロダクト展示。と言っても、ちょっとわけが違う。仮想のクライアントがいるのだ。そのクライアントというのが、鳩サブレーの豊島屋、その名もズバリのチロルチョコ株式会社明治製菓SHIPS青山ブックセンター日本郵政公社コクヨ、アクセサリーのageteサザビーリーグ)、虎屋ベンザブロック武田薬品工業、nepiaティッシュペーパーの王子ネピア(いつのまにか王子製紙ではなくなったのね)、コンラッドホテル(リンク先Macromedia Flash Player Ver.8が必要)などなど。しかもロゴタイプの使用許諾を得て制作されているので、ちゃんとしたロゴ入りでかなり本格的。というか勝手にパッケージをデザインしちゃってるわけで、これってちょっと刺激的な出来事。
一番製品化して欲しかったのは、水野学氏のGood Design Companyが手がけたnepiaのボックスティッシュ。厚手のトレーシングペーパーを使用した外箱で、うっすら中の残り量がわかり、ふんわりとした軽さをもったパッケージ。シンプルな発想で実用的なものを美しくまとめあげるという作業が非常に本質的であり、表面的な印刷ではなく素材レベルでの可能性を強く感じた。

Related posts

5 Thoughts to “UNBALANCE/BALANCE ~TAKEO PAPER SHOW 2006~”

  1. ティッシュペーパー(ボックス)の思い入れ

    がさばるティッシュはいつも通販で買います^^ ティッシュはネットで買うに限ります。特別安いわけではないけど、どうしても日常のお店で購入してしまうとかさ張ってしまい、他のお買い物が出来なくなるので、こちらでの購入に頼っています。商品も使い心地が良くて便

  2. エリエールティシューキュート160W 5個入り

    他の注文品に同梱しましたが、このような嵩張るものが玄関先まで届くのは嬉しいです。価格も良心的です。実用品・普段使い   消耗品ですから。。。送料無料の金額調整に買いましたがお店に買いに行くより届けてくれるのでいいですいつものボックスティッシュ

  3. 1箱(200組)あたり! 59.6円(税込)!キラ

     ティッシュお試し買い箱をつぶすための穴がありません。紙質も少々劣ります。が、普段使いには何ら支障はなく、200組で通販ということと値段を考えれば納得いくモノだと思います。実用品・普段使い  商品が、直ぐ届きました!必須アイテムなので、お安く買

  4. osamuito

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ティッシュの話題ばっかり。
    最近SNSとかもアフィリエイト目的が多くて困ったもんだ。

  5. クリネックス・スコッティ専用 マグネット

     100均で買うくらいなら断然コッチ!スーパーだと置いてあったりなかったりするのですが、ここでは一個から買えるのがいいと思います。専用のマグネットバーと書いてありますが、使い方次第でいろいろ使えると思います。一応持っておくと、応用が利きそうです。強力な

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください