坂本龍一+高谷史郎|LIFE – fluid, invisible, inaudible …

workph1.jpg
NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]で、坂本龍一+高谷史郎|LIFE – fluid, invisible, inaudible …を観た。
坂本龍一さんのオペラLIFEに、ダムタイプの高谷史郎さんの映像を加えてインスタレーションにしたもので、真っ暗な空間の中に、1.2m四方、30cm高の水槽が9個、グリッド上に吊られていて、その水槽に映像を上から投射してあった。水槽の中の水は、たえず動き、霧を発生し、映像にランダムさを与える。あまりクリアなメッセージがあるような感じではなかったが、決してきれいな映像ではないのに、眺めていると、ずっとそこにいてしまうような感じ。ちょっと眠たくなったのもあるけど。
来場者はみんな床に仰向けに寝る姿勢で観ていたが、これで鑑賞方法としては正しかったのだろうか?

Related posts

2 Thoughts to “坂本龍一+高谷史郎|LIFE – fluid, invisible, inaudible …”

  1. 匿名

    SECRET: 0
    PASS: 1041f7ac560e6f15944b7342bfb3f3da
    ええっ!!
    メッセージめちゃめちゃクリアだったと思いますよ~
    映像は戦争・生命・地球汚染のモチーフが多かったり
    音は民族楽器が多くつかわれてたり
    そのへんからも類推できそうなものですが・・・

  2. osamuito

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    クリアというのがよくなかったですね。なに言ってんのかわかんなかったということではなくて、他の言葉で言うと力強いメッセージではなかったような気がします。

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください