Crate & Barrel

Los Angelesに移動した。LAと言ってもロサンゼルス市ではなくて、Studio Cityなんだけど。
今朝はちょっと時間があったので、遅めの朝食がてら(サンフランシスコの)ユニオンスクエアを少しぶらぶらして、家庭用品を取り扱うCrate & Barrelに寄った。Crate & Barrelは、まだ日本には上陸していないのだけど、いわゆるSPA(わかりやすいのはファーストリテイリング(ユニクロ)のような感じ)になるのかな、どこかからかき集めてきたものじゃなくて、取り扱っている商品を別々に購入してもなんとなくお互いの邪魔をしないようなバランスが取れていて、手ごろな値段で普段使いには十分なクオリティのテーブルウエア、ハウスウエアが買える。(来客用にはどうかというとお客さん次第だと思います)
crate472.jpg
で、ここは店舗のディスプレイもそうなんだけど、Crate & Barrelというロゴタイプをすごい活用している。
crateandbarrel.jpg
紙袋も同様で、大胆な配置がされたサンセリフ体は、清潔できちっとしていているけど、ちょっと躍動感があって、わくわくさせてくれるような雰囲気を出している。商品も大事だけど、それを入れるものっていうのはすごく大切だ。せっかくの買い物も変な袋に入れて持ち歩かされるとテンションも下がるというものだ。
しかしこれが買ったものを持ち歩くわけではない通販でもそうなのだという。適当な箱に入れて送ってくるのと、きちんと包装されて届くのでは、印象がぜんぜん違うらしい。なので時々オークションやAmazon.co.jpのマーケットプレイスに出品することがあるのですが、これを知ってからというものは、ただでさえ中身は中古品なので、周りにあるもので済まさないでちょっとだけ手間をかけて送るようにしている。
この点で一番良いと思うのは、scopeかな。そのまま贈り物用にしてもいいくらいのでくる。(あ、これも相手によりますが)
だめなことはきりがない。でもサウンドハウスくらいになると、もう楽しみになってくる。音響機材が野菜の段ボールに入ってくるのだから。

Related posts

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください