ありそうでなかった時計

RISD(Rhode Island School of Design)の学生、Alvin Aronsonさんが作った時計が、いまちょっと話題。
Alvin_Aronson_da_clock.jpg
デジタル時計なのだが、その文字が時間が変わるたびに浮かび上がってくるというモノ。
結構ゆっくりと時間が変わっていく。文字を構成しているエレメントのひとつひとつをサーボモーターで制御しているらしいのだが、切り替るタイミング、スピードが、なんというかよく探し出したわねっていう、微妙な塩梅。
いままでありそうでなかった時計でした。


Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください