青山のPaul Smith Space本城直季さんの写真展Small Planetを観た。
smallplanet_photo_01.jpg
煉瓦造りの建物が小さくならんだロンドンの風景は、本当にミニチュアのよう。単純に絵としてかわいらしいというのもあるのだけど、そこに写っている人間はみな小さくて、取るに足らない存在に見えてくる。でもそんな人間でも、怒ったり、泣いたり、笑ったりしているわけで、そんな人間がまた愛おしく思えてくる。不思議な写真だ。
帰りにSHIBUYA PUBLISHING AND BOOKSELLERSに寄ってみた。東急本店の方から素直に行かなかったせいもあり、ちょっと見つけづらかったのは、看板が全く出ていないせいもあった。
装飾のないガラス張りのファサードは、シンプルで美しく、よく見ないと見過ごしてしまうような低い位置にSHIBUYA PUBLISHING AND BOOKSELLERSのロゴが。店内には文芸、アート、デザインの洋書、和書に海外の雑誌も少し。資料探しとしてはちょっと物足りない気もするが、いつもの渋谷に飽きたら寄ってみるのもいいかも。

Small Planet 本城直季

2 のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そのお店の人と飲みの席で一緒になったことがあるワ!笑
    写真は、なんとかっていう昔流行した手法を用いているんだってね。忘れたけど笑
    人間は小さくて取るに足らない存在・・・そういう風に観てみると、日々の小さなことや自分の人生なんてものも、もっとおおらかに考えられるようになるのかもしれないですね。

    凛々子
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうなんだ!写真撮ってもらえば良かったのにー。遠くから…。
    レンズに対してフィルムを傾けたアオリっていう手法で撮っていて、Barbieri Olivoという写真家が有名。本城さんのもいいよね。

    osamuito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.