Yamaha SG-2 Bridge
ちょっとゆっくり進み過ぎかもしれませんが、今回はブリッジを見てみましょう。かなりいろいろなところが錆びていて、動かないところもあります。なんとか治るでしょうか?
Height ajustable by spring under the bridge
と、その前に。ピックアップもそうでしたが、なかなか凝った作りになっているようで、このブリッジの取り付けも、ボディにネジで固定しているだけと思ったら、ボディには鬼目ナットを打ち込んであり、コイルバネで高さ調整が出来るようになっていました。(いや、しかしあのときは汚かったですね)
Screws and springs in parts cleaner
バネ類も錆が浮いていたので綺麗にします。
Yamaha SG-2 Bridge
そしてブリッジもバラバラに。ただし4弦のブリッジサドルだけが外れませんでした。残念。
Yamaha SG-2 Bridge
ブリッジのパーツもパーツクリーナーと錆とりで綺麗にします。
Yamaha SG-2 Bridge
綺麗になりました。メッキが浮きかけているところがありますが、これはしようがないですね。4弦のサドルが外れたら、再度メッキをかけるのもありかな。
うしろに写っているのは注射器にグリスを入れたものです、今回ネジ穴などの狭いところにはこの注射器を使ってグリスを注入しました。グリスの粘度が高くてかなり力が要りましたが。
CRC Rust Remover
最後にCRCのサビ取りクリーナーの紹介。結構落ちますよ。
次回はネックまわりを見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.