Yamaha SG-2 オーバーホール その6

Neck plate
ピックアップ、ブリッジと見てきたので今度はネックを見てみましょう。ボディ背面に四角いプレートがついていますが、ストラト等と違いなんだかネジが小さいですね。
Loosen neck plate
外してみましょう。
Neck screws
中に4つボルトが出てきます。これでネックジョイントをしているのですね。
Trussrod nut
そして四角い穴の中には、トラスロッドのナットが見えます。
Rotating trussrod nut
今回やや順ぞり気味なので少し締めてみます。締めるときはこうやって2つの丸い棒状のもので回すとよいです。1つだと棒に負荷が掛かり過ぎてまわしにくく、ナットの穴が千切れる可能性があります。
Yamaha SG-2 headstock back
ネックまわりということでついでにペグも見ておきましょう。ややペグの回転が悪いものもあったので、できれば全て気持ちよく回るようにしたいです。
Yamaha SG-2 removed machine head cover
背面についている小さなネジを外すとカバーが取れます。中は非常にシンプルな構造ですね。クルーソンタイプは丸穴からグリスを入れますが、これならガバっと外してメンテナンスできます。このあとディグリーザーで古い油脂類を洗い流して、再度グリスを挿しておきました。
Yamaha SG-2 headstock back
チラっと見えるのがオリジナルの塗装の色です。最初はナチュラル塗装だったのですね。
Lemon oiled fingerboard
指板がかなり乾いていたのでレモンオイルをさっと塗っておきました。
Freedom custom guitar reserch's lemon oil
使用しているのはいつものFreedom Custom Guitarのレモンオイルです。粘度、乾燥の早さ、保湿性能のバランスがよくて使いやすいです。
そろそろ組み立てましょうかね。

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください