GIRO SYNTHEを購入

ちょっと前に書いたGIROの軽量エアロヘルメットSYNTHE(シンセ)がセールになっている件、すぐにブツが届きました。旧モデルが在庫切れになっていると諦めムード漂いますが、それでも試しにクリックしてみてよかったです。

IMG_0723
箱の感じは、RUMBLR VRやEMPIRE ACCと変わりないですね。EMPIREはシューズケースがついていましたがSYNTHEはケースやバッグは付属しません。

IMG_0727
サイズはLです。頭が大きいのですね。顔はそんなにデカくないので、どちらかというと前後に長い。そんな頭にもバッチリフィットしました。頭まわりは大体60cmくらいなので、メーカーの公表しているサイズは結構正確だと思います。Lサイズですが、顔の上のヘルメットが極端に大きい、いわゆるキノコになることもなく、一般的なロードバイクのヘルメットにみられるスーパーサイヤ人的なデザインでないのも効いているのかもしれません。実際ヘルメット自体の大きさはインフェルノより若干小さめで、重量は275gでした、これまで使っていたMETのインフェルノ ウルトラライトは280gでした。共にLサイズです。

IMG_0726
ちょっと見にくいですがMETのインフェルノ ウルトラライトと比べ、サイズ調整のダイヤルが小さめですが、調整は全く問題ありません。

IMG_0730
JCFのシールもちゃんとついています。今年から東海シクロクロスもAJOCCに加入しましたが、AJOCCのレースはJCF公認ヘルメットでないと参加できませんので、ご注意。

ヘルメットは国・地域ごとに安全基準があり、主要なところで4種類(っていうかそれ以外の細かいのは知らない)アメリカのCPSC、ヨーロッパのCE EN-1078、オーストラリア/ニュージーランドのAS/NZS2063、日本のJCFがあります。おそらく要件が違うので、メーカーによっては仕向けによって微妙に仕様が違うことがあるそうです。GIROは全てクリアしているっぽいけど、JCFのシールが貼ってあるかどうかというのが、時によっては中身より大事っぽい。じゃ外国の招待選手は走れないのかよっていうとそういうことはないだろうし、技適と似たような面倒な話ですね。

さて使用したインプレですが、フィット感は問題無し。インフェルノと重量差がないので違和感なく使えました。エアロ効果があるかどうかは謎。通気性の方は、この季節あまり関係ないですね。特に寒くもなかったです。

ちなみにAmazon.co.jpでの価格は元に戻ってしまった模様。GIROのサイトによるとMIPS非搭載モデルも販売が継続するみたいなので一瞬だけ安くなっていただけのようですね。ラッキーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。