Untitled
最近はすっかりグラベルライドにハマってしまい、暇さえあればよさげな林道を探して、週末に突撃しています。いつものようにネットでイロイロ探しまわっていたら、2ヶ月くらい前に、とある林道に桜のトンネルができるという情報があったので、気の会いそうな仲間を誘ってライドとして企画してみることにしました。

だけど、探せど探せどその林道に桜が開花した写真はなし。本当に桜のトンネルは出現するのだろうかと思いつつ、例年の桜の開花時期と今年の開花予想を眺めながら、実行日を決定。メンバーの機材や脚を考えながら試走を繰り返しました。

バイクは試走したCielo Road Racerにグラベルキングを履かせて行くか、オーバーホール中のRidley X-Fireで行くか悩みましたが、グラベルキングでは試走時に後輪が結構空転しましたし、X-Fireが前々日に帰ってきたこともあり、シクロクロスバイクで臨むことにしました。X-Fireに前回乗ったのは東海シクロクロス第6戦だったので、リアカセットを再び11-25Tにしたまま、ツーリングなのにボトルケージなしという2大ミスをやらかしてしまいました。特にタイヤが滑りそうな砂利道で勾配が9%とかあるので、フロント36T/リア25Tは自分の脚にはキツかったです。


ウエアは少し前に届いたThis Team Saves Livesのサポーターズキットを着用。Castelliのウエアはお初でしたが、ベストはジャージ背面のポケットにアクセスしやすくて便利でした。少しかさばるのでアームウォーマーも着脱する場合は、RaphaのWind Jacketとかにしたほうがコンパクトでよさそう。

Untitled
X-Fire以外のバイクはCannondaleのSlateとSalsa Vaya。どちらもグラベルライドにはバッチリのどこでも遊べるバイク。むしろX-Fireが一番対応力低いかも。ライドは一部試走していないコースも走ったり、未舗装路に気分を良くしてコース変更をしたせいで、行き止まりだったとか、担がされたりとかありましたが、臨機応変に対応できるメンバーの懐の深さでクリアできました。

Untitled
走ってみて分かった、肝心の桜写真があまり見つからないのは、道がガレガレだから。登っても下っても撮ってる場合じゃないということが分かった。でもこのコース中、何百本という桜があります。それがタイミングよければ一斉に咲いているのです。なので、この桜のトンネルを体験したい人は、来年ご一緒に走りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.