Zefal HPXフレームポンプを購入

Untitled
RidleyのX-Fire用にZefalのHPXを導入しました。

以前紹介したCielo Road Racerで使っているTOPEAK Road MasterBlasterがとても便利というか安心感がハンパないので、X-Fire用にも購入を検討しました。しかしあのシルバーの色味がマットブラックなカーボンフレームには合わないので、色々探していたらZefalのHPXというポンプに黒色があることがわかりました。

Untitled
とりあえず購入。パッケージはこんな感じ。色はシルバーもありますが、今回はブラックです。

Untitled
Untitled
Road MasterBlasterと異なり、フレームにフィットする取り付け形状になっていないので、Zefalとしてはカーボンやアルミフレームへの取り付けは保証していないようです。今回はカーボンフレームで使用しますが、フレームが円柱状になっていた方がいいかもしれませんね。

Untitled
とりあえず取り付けたらこんな感じ。ポンプはグリップ側にhpとxの表示があり(なので商品名がHPXらしい)、空気を入れるときはhpにします。だいたい120-30回入れると6Barくらいまで入ります。この点ではRoad MasterBlasterと殆ど同じです。

良いところ
ブラックが選択できる。
それだけ…。

良くないところ
しっかり固定できない。フレームに当たるところが、口金側は板みたいなのだし、グリップ側は窪みが少ししかなくて、マジで不安になります。そして脱落を防止するベルトとか付属しないので、とりあえずTOPEAKのベルトをお借りしました。そのおかげかグラベルを15km走ってみましたがとりあえず脱落はしませんでした。

作りがイマイチ。ポンピングの際にグリップが本体に当たったりします。致命的ってほどでもないけど。

高い。というかTOPEAKが安すぎかも。

TOPEAKがブラックのフレームポンプ出してくれれば全て解決のような気がしますが、それでもRoad MasterBlasterの、あのシルバーの筐体がちょっと思っている人はいいかもしれません。まぁ、今回のお買い物はイマイチでしたね。

関連記事:
TOPEAKのRoad MasterBlasterを購入



Related posts

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください