Manfrottoのbefreeを購入

IMG_5693
突然ですが三脚を新しくしました。マンフロットのbefreeというトラベル三脚です。おそらく旅行用には使いませんがちょっとした撮影ならこれくらいが便利かと。マンフロットにはbefreeの他にもCOMPACTというシリーズもありますが、そちらは耐過重が3kgなのでミラーレスくらいだったら問題ないですが、APS-Cに重めレンズを着けるとちょっと厳しそうなので耐過重が4kgあるbefreeにしました。

IMG_5694
レビューはいろいろなところに載っているので説明不要だと思いますが、よくわからないのがこの付属のケース。はっきり言ってダサいと思うんですが。なぜか好評のようです。ベトナム製です。

IMG_5695
付属するのは本体の他に、クイックリリースプレートと脚のロックを調整するレンチ、マニュアルが付属します。レンチはトルクスなので六角レンチでは使えません。

IMG_5807
脚の伸縮レバーにトルクスネジ。これを調整する事はなさそうな感じはします。

IMG_5696
ケースはベトナム製でしたが本体はイタリア製です。

IMG_5807
足の開く角度は2段階。一番左は畳むときにひっくり返すポジションです。全開にするしかなかった前の三脚より便利かな。操作感がカチッとしていて好印象です。

IMG_5807
ちょっとわかりにくいですが、今回購入したのはアルミ製なので気温が低い時にひやっとしないように脚の一本にゴムが巻いてあります。自分の使い方ではなくてもいいような。

IMG_5699
畳み方が独特で雲台の方に脚を曲げるようになっています。脚をロックするレバーの間に雲台のプレートがぴったり収まるようになっています。これによって非常にコンパクトに畳める構造になっています。ちょっと感心しました。

というわけで、不満があるとすればケースだけ。機材によってはチープな三脚だと不安になるけど、カーボン製の高級三脚に手を出すほどではないという場合にはよい選択肢だと思います。

Related posts

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください