最近写真の話多めですが、昨年ヤシカが新しいプロジェクトを発表するとティーザーを打ちまして、

すっかり忘れていたんですが、Y35というフィルムモジュールを内蔵したカメラみたいです。フィルムモジュールと言っても記録メディアというよりは画像にフィルタが掛けられる現像モジュールのようです。Kickstarterでの出資は終わっていますが、INDIEGOGOでは出資が可能です。ちなみにKickstarterでは10,035,296香港ドル=約1.4億円、INDIEGOGOでも1,510,742米ドル=1.7億円なので相当な金額が集まっていますね。

カメラ本体は往年のヤシカエレクトロ35を彷彿とさせるデザインですが、スペックは以下の通りです。

1/2.5インチ CMOSセンサー
1400万画素
ビューファインダー内蔵
フィルター径 37mm
レンズキャップ
35mm f2.0 レンズ
電子シャッター
最大1秒、5段階露出制御
焦点距離 1.5m〜∞
SDカード(WiFiカード対応)
Micro USB接続(データ転送可)
三脚穴
単三電池2本
digifilmによる画像処理

寸法
ボディのみ: 100 (w) x 64 (h) x 28 (d) mm
レンズスイッチ込み: 110 (w) x 70 (h) x 55 (d) mm

INDIEGOGOでは出資は終わっていますが、Indemandなので引き続き予約を受け付けている状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください