tokyobike再生への道 その8

そろそろ完成に近づいてきました。もうしばらくお付き合いください。
KMC X8 chain
チェーンを準備しました。KMCのX8です。
334g X8 chain
ちょっと見にくいですが公称重量300gのはずが334gもありました。生地を使っていたり、寸法が若干なりゆきになってしまうようなものは、多少のばらつきがあると思いますが、チェーンは1コマ1コマで大きさが違っていたりすると、まったく機能しないので、1割も重量が多いというのは、どうなんでしょうか?
それとこのチェーン、パッケージから出した直後はかなり粘度の高いオイルでベタベタです。
PEDROS Oranj Peels Citrus Degreaser
まずはこのディグリーザーと
Bottle for part cleaning
少し飲み口の広いペットボトルを使って、余計な油分を落としたいと思います。
Cleaning chain in a bottle
ペットボトルに入れて軽くシャカシャカしただけで、ディグリーザーが真っ黒。やや緑ががっているかな。
Wako's super Jumbo Parts Cleaner
さらに余計なオイルを落とすためにパーツクリーナーも使用しました。
cleaning in a bottle
さっきよりは綺麗ですがまだ汚れていますね。
Degreased X8 chain
黒っぽかったチェーンが銀色になりました。ベタベタして動きが悪かったチェーンが手の中をするすると抜けていくようになりました。重量は変わってませんね。
Grunge Chain Hooker
今回チェーンを取り付けるための便利道具を導入しました。GrungeのChain Hookerです。
Hooked by Grunge Chain Hooker
このようにして使います。
Shimano RD2300
ディレーラーのプーリーが縦一直線になるようにして、
Cutting X8 chain
チェーンをカットします。
Almost out
ピンが抜けました。
KMC chain link
今回KMCのチェーンを選んだのはこのミッシングリンクがあるからです。通常はチェーンをカットしたあと真新しいピンを使ってチェーンを連結させるのですが、これによってチェーンカッターを使わずにチェーンを結合させることが可能です。
Install X8 chain
チェーンが取り付けられました。
Adjusting rear derailuer
リアディレーラーの調整をします。
Adjusting rear derailuer
この辺りは詳しく書いてある本やサイトがあると思うので、そちらを参考にされるのがよいと思います。(説明用の写真が撮れなかった…)
関連日記:
tokyobike再生への道 その1
tokyobike再生への道 その2
tokyobike再生への道 その3
tokyobike再生への道 その4
tokyobike再生への道 その5
tokyobike再生への道 その6
tokyobike再生への道 その7

1 のコメント

  1. ピンバック: tokyobike再生への道 その9 | osamuito.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。