Rapha Tokyoでグラベルロードバイクをレンタル

先日、日本に一時帰国した際の最終日に空き時間が作れそうだったので、Rapha TokyoでRCCメンバーの特典を利用してOPENのU.P.というグラベルロードバイクをレンタルしました。

Roadbike leaning statue

RaphaでバイクをレンタルするのはNAHBSの帰りにサンフランシスコに行った時以来。その時の記事、
サンフランシスコの自転車事情

申し込みはRaphaのサイトから希望のクラブハウスと日付を選ぶだけなのでとても簡単。いくつか質問があったのでクラブハウスへ直接メールでやりとりさせてもらい、東京都内のルートはRCCのライドリーダーに希望を伝えてお勧めしてもらいました。あとは旅行の荷物にウエア、ヘルメット、シューズ、鍵(アメリカでは全く使わない)、ペダル、ライト、サイクルコンピューターとセンサー類を忘れないように入れる(東京の場合なんでも手に入るので最悪手ぶらでもいいかもしれないが、海外だと詰みます)。

レンタル当日にクラブハウスに行って、レンタル料の支払いとか免責事項のサインなど手続きを済ませ、サドル高さなどの簡単なフィッティングをしてもらったら準備OK。バイクのレンタル時間は基本的にクラブハウスの営業時間内なので、閉店前に戻って来れるような距離でルートをお勧めしてもらいました。しかしGARMINにルート(tcxファイル)がうまく読み込めなかったのか、ナビゲーションができなくて、結局スマホ見ながらのライドになりました。結構ストレス。。。


バイクのレンタル時間は基本的にクラブハウスの営業時間内と書きましたが、いろいろ相談したら多少は対応してくれるかもしれません(保証はできませんが)。今回はスタッフさんのお勧めで定例で行われているAkasaka Lapsに急遽参加させてもらいました。迎賓館赤坂離宮発着で元赤坂を周回するライド、全5周回のところ時間の関係で4周で離脱となりました。

OPEN U.P.について
走りだしがとても軽快で乗りやすかった。周回練にレンタルバイク、35C極太タイヤという悪条件で臨んだわけですが、この日はあまりゴリゴリ走る人がいなかったのもあり、全然問題なかった。
カンパニョーロのコンポは久しぶりでしたが、Ekarのシフトアップのボタンが以前とは変わっていて、なんというか「く」の字のような形状で、親指の付け根でも指先でも押せるようになっていると思うんだけど、一日だと慣れるとまではいかなかった。ただシフトアップは早く押したら変速するという感じ。自分が使っているSRAMは押し終わったら(戻る時に)変速するという感じなのでワンテンポ遅い。シマノは乗ったことがないのでわかりませんが、Road.ccによるとそのどちらよりも良いというレビューです。


Road.cc Campagnolo Ekar 13-speed gravel groupsetより)

その他
もし複数の日付でバイクをレンタルする場合、または営業時間前、過ぎてから返却をする場合には、ホテルなどにバイクを持ち込む必要があります(流石に路駐は怖い)。事前にバイクを持ち込んでよいか確認しておいた方が良いと思います。ちなみに東京のクラブハウスの近くにはホテルはないので、電車・タクシーなどで移動しなければならないかも。私はバイクの持ち込みはしませんでしたが歩いて行ける距離にAirbnbを借りました。最後にビールも飲めて満足です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください