さて途中までバラしたTEISCO SP-62。いろいろ汚れているので掃除のため、外せるところは外してみましょう。前々回ブリッジまわり、前回は電気系をやったので、今度はネックまわりを。
Loosen mounting nut of tuning machine
ペグを固定しているナットを外します。
Removed washers and mounting nuts of tuning machine
外したところ。白い板(PVCかな?)が、ナットで共締めしてあっただけのようです。特に接着等はされていません。
Removed head panel
製造から10年くらい経過しているものと思われますが、白いパネルを外すとトップコートは黄変していますね。カバーのしたに見えるのがオリジナルのカラーと思われます。
Head panel of TEISCO SP-62
汚れているので。
Cleaned head panel
綺麗にします。一回やっておくと、あとは時々拭くくらいでいいでしょう。
Hang Chang tuning machines
取り外したペグです。ダイキャスト製のロトマチックタイプ。HCの文字があるので、韓国の某メーカー製ですね。Hip-shotやGOTOHほど高級ではありませんが、よく使われています。
TEISCO SP-62 headstock
ヘッドも綺麗に拭きました。
TEISCO SP-62 headstock back
裏面も。
TEISCO SP-62 headstock close-up
ヘッドのTEISCOマークです。クリアの下に印刷してあるので、綺麗な状態で残っています。
Wako's Super Jumbo Brake and Parts Cleaner
ペグのナットやワッシャーも自転車用のパーツクリーナーで洗います。
Tuning machine's mounting nuts and washers in parts cleaner
ロトマチックタイプのペグはハウジングが密閉されて、中にグリスが入っているので、本体はパーツクリーナーは厳禁です。グリスが流れ出してしまいます。
Masking fingerboard
パーツが大体外れたので、指板をマスキングします。
Pikal rubbing compound
フレットに巻き弦の擦り傷などが多い場合はスチールウールで磨きますが、今回はそれほど傷はないので、曇りを取るくらいにします。金属用のコンパウンドを使います。(理想をいうとこのピカールよりもっと細かいのがよいですが、いろいろ兼用してたらこれになってしまいました)
Polishing fret wire
左半分を磨いてみました。違いが分かるでしょうか?
Polished fret wires
マスキングテープを取ります。あまりメンテナンスをしていなかったせいか指板面の状態はあまりよくないですね。
Jim Dunlop Guitar Polish & Cleaner 65
またJim DunlopのGuitar Polish & Cleaner #65を使います。
Wiping body
今度はボディを掃除。
Removed tailpiece
BEFORE
Cleaned TEISCO SP-62 body
AFTER
綺麗になりました。
Freedom Custom Guitar's Lemon Oil
指板の状態がよくなかったので、レモンオイルを使います。最近使っているのはFREEDOM CUSTOM GUITARのレモンオイルです。D’Andreaのが良かったのですが、見なくなったので、いろいろ試して最近はコレにたどり着きました。べとべとせず指板の保湿、ケアが出来ます。
Lemon oil and cloth
ウエスにちょっとだけ付けて、
Rubbing lemon oil
塗り込むだけです。塗る前はほんとにカラッカラでした。
Lemon oiled fingerboard of TEISCO SP-62
塗った直後なのでちょっとテカって見えますが、FREEDOMのレモンオイルはベタベタしないので、弦を張る頃には、ちょうどよい感じになってます。
今回も長くなったので、このあたりで。
関連日記:
TEISCO SP-62 オーバーホール その2
TEISCO SP-62 オーバーホール その1
TEISCO SP-62

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.